釣行記

鳴門鯛ラバ2019/5/16

更新日:

ふと気がつくと誕生日が過ぎていました。
また、1つ歳くってしまった。
なんだか焦る。五月病がぶり返しそうです。

さて本日、鳴ちゃん丸で欠員が出たとのことで急きょ同乗させてもらいました。

自作の鯛ラバで釣れると3倍楽しい

11時頃出発して引き潮の徳島側から鯛を狙います。

小鳴門海峡から岡崎を抜けて徳島側のポイントへ、歳の事を考えながら見た灯台、なんだか変に記憶に残る。ヤバいぞ。


山上病院沖のポイントに到着。風はなくて穏やかだけど少しうねりがあります。


今回も中井チューンをパクって自作してみた。ちょっと太いかなと思う。

以前、徳島側の鯛は赤色のネクタイが反応良かったので赤から始めてみます。


とりあえず1枚釣れて、にぎり回避。

同乗の人が中井チューンの白とオレンジのネクタイで連続してアタッていたので、僕も近い色に変えてみました。
カーリーも前回より細く切って2ミリくらいにしてます。

やっぱり、この組み合わせが反応がいいように思う。2枚追加できました。

引き潮も終わり、ゼンサのほうへ移動。

まずは、深いほうから探っていきます。

鳴ちゃんに良型と思われるアタりがありましたが、ラインが切れてバラシ。
直後、僕にも同じように今日一番のアタリが来たけど針外れでした。

ゼンサはまだ、潮的に時間が早いので、北泊周辺を探ってみるもアタリなし。

最後の潮に期待して、再びゼンサで18時ぐらいまで粘ったけど全員ほとんどアタリなし。
僕はチャリコ1枚釣れただけでした。これはリリース。


4人での釣果。
自作の鯛ラバで釣れると楽しい。
でも針外れが多くて4枚ほどバラシてしまった。針のセッティングが悪いのかなあ。
鯛ラバ始めた頃からすると、かなり針は小さくなりました。
初めの頃なんかは固定式の鯛ラバで、鯛針の11〜12号だったんですよね。
百均の風船を切って作ったことがあります。
あの頃に比べると、鯛も食いが渋くなったように思うなあ。

今は、チヌ針の3号〜4号とかグレ針の7号で作ってます。

色々悩む鯛ラバ地獄、本当に楽しい。
ありがとうございました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.