釣行記

結局、室戸離岸堤でグレ3枚だけ2019/3/5

更新日:

 

映画『空飛ぶタイヤ』をDVDで観ました。

巨大な組織を相手に孤軍奮闘する赤松社長。
「それでも信じてやってるんだ。」
長瀬智也が演じる赤松社長の男らしさにキュン死しました。
そして、その赤松の妻役の深田恭子がまたいい!

想像通りのストーリーだったけど、逆転劇はやっぱりいいですよ。
せいせいして、気持ち良かった。
良かったんだけど、逆転のくだりがあっさりとしたものだったので、ちょっと物足りなく感じました。
もう少しプロットを作って、もっとグッとくる涙無くしては見られないような逆転劇に仕上げて欲しかったと思います。
池井戸潤がインタビューで語っていたけど、小説の作り方を人を描く書き方にしたきっかけとなる作品とはこういうことなのかな。

僕がこの映画から感じたメッセージはあきらめないことの大切さです。
人生、順風満帆で過ごせたらいいけど、この映画のようにいつ何が起こるか分からない。
そんな時に自分が正しいと信じるなら、たとえ結果はどうであってもやり抜いてみよう。生きている価値はそれにあるんじゃないかなと思いました。

この映画は観た後に心がキラキラした気分になります。
良かったら観てください。

 

ということで、まったく釣りと関係のない前置きでしたが、

結局、室戸離岸堤にグレ釣り行ってきました

早朝の4:40に鳴ちゃんから電話がかかってきて、
「ごめん、やっぱり風おさまらへんけん中止にするわ。」
「えーそうですか~わかりました~」
でもって、今日予定していた鯛ラバは中止になりました。
僕がどうしても行きたいとお願いしてあったので鳴ちゃんがギリギリまで待って判断してくれたんです。
でも、どうしよう。
また1人ラウンドワンはちょっと物足りないな~
あ!そや室戸に行こ。
速攻で準備をして室戸に行くことにしました。

室戸の天気予報を見ると意外と穏やかで東よりの風でした。
離岸堤にはピッタリの天気です。

遅れて到着すること8時過ぎ、船頭さんに電話すると快く迎えに来てくれました。
3番船で渡してもらうと離岸堤にはすでに釣り人がけっこういます。


前回上がったテトラのポイントも先行者がいました。

どうしようかと迷っていたら、一番先端が空いています。


とりあえず先端を陣取ることにしました。

めっちゃいい感じ、雰囲気よくていかにも釣れそうです。前と同じちょい投げカゴでやってみる。

しばらく手返しするけど、水温がすこし上がってるみたいでエサ取りがすごいです。
遠投しても刺し餌が全然残りません。
先端で雰囲気はいいけど、何もアタリもなくてグレの気配も無いような気がします。
ちょっと粘ったけど、やっぱり前回のポイントが気になって様子を見に行きました。

もうテトラで上がれそうなところは無さそうなので、真ん中辺のテトラがないところでやってみることにしました。

2往復して荷物を運んで引っ越し、暑くなって上着を脱ぎました。

でも、良かった。開始して早々にアタリました。

足場めっちゃ高いタモがとどきません。柄の尻を脇に挟めなくて力が入らないです、ハラハラしながら
波が上がった時になんとかすくえた。

にぎり回避できました。30㎝くらい。
釣れそうな感じがしてきたけど、やはりいつものように後が続かなくなりました。
撒き餌さが効いてくるとエサ取りがスゴイ、刺し餌が速攻で無くなります。

潮もほとんど動いていない感じ。
フルスイングで遠投すると追い風で5~60mくらい飛ぶけど、それでも刺し餌は瞬殺で無くなる。
ダラダラとひたすら手返しします。

手前の方釣って見たり、遠投したり、右斜め方向投げたり、左斜め方向投げたり・・
漫然と続けていた14時すぎにウキがゆっくりと沈んでくれました。2匹目。これも30㎝くらいと思う。

すくうのに苦労した。タモの柄がコンクリートにこすれてズタボロになってしまいました。
ちょっと気が出てきたので急いで手返しするともう1匹同じようなサイズつれました。
せっかく食い気出てきた感じだけど、時間が無くなってしまって終了となりました。


今日はなんとかボウズにならなくてすみました。
やっぱり釣れると嬉しいです。
白灯台堤防の時ようにクーラーに腰かけて釣りできました。
この、のんびり感、ほんとにいい。
室戸のこの地形になんかあるのかな。岬だからとんがっているし、三角ですよ。
ピラミッドパワーみたいな、なんかあるんちゃいますか?
ありがとうございました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.