釣行記

日和佐、牟岐の掛け釣り2019/3/24

更新日:

愛車の車検が近ずいてきました。
とりあえず車屋さんで見積もりをしてもらったんです。
結果は、ある程度の覚悟はしていたけど29万円。
予想していた金額の2倍!たっかいなあ~
中古で買って10年乗った、もう少し乗ろうかと思っていたけど手放すことにしました。

手放すとなると、なんだかちょっと寂しい。
あっちこっちに遊びに行ったこと思い出します。
ありがとう、キミのことは忘れないよ!

で、次の車はバンがいいなあ~、本家バン、装飾もなにもいらない、パワーウインドウもいらない、クーラーとラジオだけみたいな。
どこかに人気のない安い中古バンないかなあ~なんて考えています。

この日曜、県南に掛け釣りいってきました。

さてさて、そろそろイサギが釣れ出すんじゃないかなと思って電話で聞いてみたんです。
すると、先週は40㌢くらいのアジがたくさん釣れたとのこと。
40センチのアジ!釣りたい!行く!

ということで出撃したのですが、

ひでぽんが来ると食いが悪い・・
船長の一言。
朝一はまず、先週アジの釣れた日和佐側の沈船ポイントから開始しました。


仕掛けは天秤の底撒きカゴ、乗っ込み鯛がくるかもしれないのでハリスは5号にしました。


船長の言葉が現実になってきました。辛~
アジが全然釣れません。
ハリスを3号に落としてみたけど効果は無さそう、船長は電話で他の船から情報を聞いているようですが
他の船もアジは釣れてないみたい。

船長が小アジの生き餌でマトウダイを釣りました。

しばらく底付近でさそってみるけど刺し餌も残ってきます。
鯛がいないかなと思ってタナを上げてみると、アタリがでました。
そんなに強い引きでなかったけど上がってきたのは、チダイという魚でした。

初めて釣った。

隣でこんなエサ取りも釣れたキレイだけど名前しらないな。後で調べてみるとサクラダイという魚でした。

アジの気配は無さそうなので、釣り仲間の提案でイサギ狙いに大島に移動。

大島のトビツ沖。

とりあえず、ここでも底撒きカゴ仕掛けでやってみる、僕は密かに鯛を狙っています。

早々にアタリがあって大きな手ごたえだったけど針外れしました。たぶんイサギと思う。

フカセで狙っていた仲間の竿が曲がりました。

よく引いている。慎重にやり取りして上がってきたのはいい型のイサギでした。

これを見て僕もふかせに変更。

でも、なかなか釣れない、ウキ下を10ヒロから上げたり下げたり悩んでいるとやっと一匹釣れました。

なんか細いけど、とりあえず釣れて安心。

その後もしばらく粘るけど、アジもイサギも釣れないのでポイント移動。

ホクト?とかいうポイントでした。

何回か錨を打ち直してピンポイントを狙いますが、アジは不発に終わりました。

ここで釣れたのは、隣の人がつったミノカサゴだけ。

今日は船長の言葉が現実となった日になりました。すいません。

また、GWにイサギ狙いで来るのでよろしくお願いします。

ありがとうございました。

 

 

 

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.