釣行記

室戸白灯台堤防グレ狙いでボウズ2019/2/18

更新日:

にぎった言い訳

先週、室戸の離岸提で釣れたグレの白子をおろしポン酢でいただきました。
おいしくてお酒によく合う!お酒はあまり飲めないけど、熱燗一合をクイっと飲んでしまいました。
自分で釣った魚をあてにして一杯やるのは釣り人として幸せの絶頂。
そして、あらで出しをとった潮汁でしめれば最高!
出来栄えが悪く写真はありませんが家族でグレを平らげました。
もう一度グレをあてに一杯やりたい・・

しかし、水温低下の影響か少し食いが悪くなってきているようでした。
食いが悪くなってくると、釣れる場所が限定してきます。
ダメなところは本当に厳しい。
おまけに、時合も短くてワンチャンスって感じです。
そして、室戸はちょっと遠い、室戸は好きだけど前回も食いが悪かったしなあ。どうしようかなあ~
釣りに行って後悔するのと、釣りに行かなくて後悔するのとどちらを選ぶか?
釣りバカ発想でもちろん行くことにしました。
あっさりとボウズでした。

渡船料ケチって苦労を強いられる

前回は離岸提に渡船で渡してもらいました。
貧乏な僕は今回渡船代をケチるために陸続きの白灯台堤防に行ったんです。
前回、離岸提から白灯台のほうを見ていたら時々グレらしき魚を釣りあげていたんですよね。
向こうが陸続きなのは知っていたので、行ってみたいと思っていたのです。
しかし、実際に来てみるとデカい!そして長い!その距離に愕然としました。


ただの散歩ならいいかもしれないけど、
氷と飲み物食べ物の入ったクーラー
オキアミ4.5k分+集魚材1.7kの入ったバッカン、
ロッドとタモ、これらを担いで歩いていかなければならない。
一度には無理っぽいので2回に分けて2往復することにしました。

50m歩いては止まる、道具が重い、休みながら移動。
世の中、経済の仕組みはよくできているな、渡船代3000円をケチるという対価は肉体労働で支払わなければならないんだな。
肉体はキツイけど、探検気分で実は面白い。ワクワクしてます。

途中、釣り出来そうなところがないかと思ってテトラを見るけどデカすぎる。危険なところが多い。

ようやく先端が見えてきた。
ここまで荷物をかついでよく歩いてきたものだ。
こんな釣りバカもそうはいないだろう。ちょっと優越感。
あと少し、よく頑張った自分で自分をほめる。
探検気分も佳境に入ってきた。

先端付近に近づいてきました。
ようやく目的の釣り場所だ。
って?
えー‼?
まるで、川口浩の先を行くカメラマンのようにすでにもう釣り人がいる。
世の中上には上がいる、自分の釣りバカとしての自負はたいしたことなかった。
防寒着を着ているのでめっちゃ暑い、とりあえず上着を脱いで荷物を置いて様子を見る。


4~5人常連らしき釣り人が並んでいて、みんなカゴ釣りで狙っている。それもかなり遠投しています。

と、先端の釣り人が竿を曲げました。
近ずいてやり取りを見ていると、しばらくして上がってきたのはいいサイズのグレでした。

おお~釣れてる!横で釣りたい!
しかし、釣り場はあまり広くないので4~5人でいっぱい。でも、釣る場所ここしかない。
無理を承知で頼んでみると隣を承諾してくれました。

そして、2回目の荷物を車に取りにいきました。

釣れるのはピンポイント?

何とか隣で釣らせてもらうもポイントは遠そうで、常連さんはかなり遠投している。
4人が交互にリズミカルに打ち返しているので、僕が間に仕掛けを入れるとおまつりは必至。


しかたがないので、手前に撒き餌を打ってフカセ釣りの要領で釣ることにしました。
クーラーに腰かけて釣りをする。磯で立って釣りをするのとは、また、おもむきが違う。
なんだろう?この、のんびりした感じ。
なんだかとても落ち着く。
座ってみると、景色が違うように感じるんです。
なんて言ったらいいんだろう?
その場所を陣取ったというか景色を貸し切りにしたような満足感。
自分専用のスペース、さらに正面は太平洋。
これにお酒があれば、最高の酒場!最高の居場所!こんないいところ他にない!
なんだか、すごい発見をしました。

こんどは、ホームセンターに売ってるアウトドア用のいすを持ってこよう。
アルコールは車なので現実的に無理だな。

常連さんはポツポツと釣ってましたが、僕は16時ころまで粘って結局釣れずに終わりました。
1回アタっただけ、根ズレで切れてしまった。

室戸は3月頃でもよく釣れていたことがあるので、水温が上がってくれば
僕でも釣れるかもしれません。
帰りの荷物が重かったけど、白灯台堤防のいい場所分かった。今度はキャリー買って出直そうと思います。

常連さんはこんなキャリーで荷物を運んでました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.