釣行記

スロージギングのリベンジ失敗したけど何か?2018/12/13

更新日:

 

今日は待ちに待ったスロージギングのリベンジの日なんです。

ここだけの話ですが、前回のスロージギングの出来事をご説明します。

釣り開始してまもなくマトウダイを一匹釣ったところで僕はちょっと気分悪くなりました。
ヤバい船酔いかなぁと思っていたら5分後に船酔いマックスです。

そしてとなりで鳴ちゃんがオニカサゴを釣ったんです。
「ちょっとごめん、後ろにあるタモですくってくれへんで」
と言われてタモですくおうとしたところ

「どぉえへぷ!!」っと

北斗四兄弟の三男ジャギの断末魔のような声を出して、鳴ちゃんの釣ったオニカサゴにゲロを顔射してダウンしてしまいました。

そして、そのまま終了まで気絶していたという失態をおかしてしまったのでした。

この件から約2ヶ月が経ち、本日待ちに待った再挑戦の日なんです。
今日は酔い止め薬のアネロンも準備してきた。
天気も凪なので前回のようなうねりもない。

夕べから17年落ちのポンコツ軽にジギングの道具を積み込みしました。

3回忘れ物チェックをしました。

シン・ゴジラの第一形態以前の幼生を捕獲せよ

ということで、今回、鳴るちゃん師匠に段取りしてもらって再びスロージギングに参加させてもらうことができました。


今日もお世話になるのは住吉丸さんです。


やっぱり朝の出発の時間はいい。
今日は釣れるかな?
興奮で鼻血が出そうです。


先日の日曜日にボウズだった大島が朝日に映えています。この景色見るだけでも値打ちあるな。


90分くらいでしょうか、東洋町の沖に到着しました。


今回の釣り座はともの右側のポジションになりました。
内心「やった!釣りやすいポジション取れた。」ともう釣った気になってました。

250㌘のジグでタコベイト付きです。


オニカサゴはタコベイトに反応がいいとの事で全員付けています。

水深は120〜150mくらいで深いポイントです。
今まで経験した青物ジギングは30〜80mくらいでした。

着底まで1分くらいかな?

そして開始するもなかなかアタリありません。
他の人もアタッてないようです。

ピンポイントを攻めているようで約5〜10分ほど流すと、流しなおしたり、またポイントを移動しているようです。

この時の回収がけっこうキツイ。

ついにシン・ゴジラの幼生と対面する

そのうちに船首のほうから歓声が聞こえる。
見るとオニカサゴ釣っているようです。

と、僕にもアタリが出ました。初めての感触、ちょっと暴れるけど走らない。

底物の引きには違いないと思うけどわからない。

上がってきたのはオニカサゴ!


やった!釣れた!初オニカサゴ。

初めて間近で見るオニカサゴ。
シン・ゴジラの第一形態の前の幼生ではないのか?
毒針に注意して慎重にイケスに入れました。

シン・ゴジラの幼生の捕獲完了!
以上終わりです。
ありがとうございました。

 

え?それだけ、もう写真はないのかって?
それだけです。

あ、写真とおっしゃいましたか?
写真は少しありますよ。こんなんでよろしければ。

こちらですね

ここに来て、またお前かって?
鯛が釣れたと思ったらレンコダイって言うんですね。知らなかったのは僕だけです。

そしてこれですね。

少し引きが強いからサイズアップかと思って期待したらタチウオのスレ、僕としては今年一番のサイズ。

続きまして、これですね。

キミたちは食った瞬間にすぐわかったよ。
その暴れ具合、昔の11PMのオープニング曲を思い出しました。

こちらは、僕と船尾付近の3人の釣果です。

そろそろ飽きてきましたね。
今日はやはり渋かったようで、皆さん1人2〜3匹の釣果でした。

僕も2匹は釣りたかった。悔しい。
いいわけすると、アタリはあったんですよ。
らしきアタリ2回針外れしました。
最後に本日一番のアタリがありましたが、ドラグがジッ!っと鳴った瞬間に根に入ってしまいました。
かなりの手応えだったのでほんとに歯がゆい、
また、絶対次も行きます。

 

ありがとうございました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.