釣行記

鳴ちゃん丸でジギング不完全燃焼に終わる2018/11/8

更新日:

本日急きょ仕事が休みになり、鳴ちゃん丸でジギングに行ってきました。
昨日のティップエギングに続いて連チャンで、体力的にもキツイですが
今の時期、行けるときに行っておかないと休みといい天気が一致する確立も低いのでなかなか計画通りに釣行できるかどうかわかりません。
まあ、ただの釣りバカですが。

鳴門の青物もタチウオパターンになってきているようです。

午前中の上り潮を狙ってゼンサでジギングを開始しました。
平日にもかかわらずたくさんのボートが集まっています。

他船の餌釣りでは時々釣りあげているのを見るのですが
全然ジグに反応がありません。
ジグをあれこれと変えてみますが全然アタリませんでした。
師匠も苦戦しているようです。

しばらく粘りましたが、どうにも食いが悪いので見切りをつけてタチウオのポイントに移動しました。
ちょっと前にあれだけ釣れていたタチウオも渋くなっていて2本釣れただけでした。

 

後半、徳島側(大橋より東にあるポイント)で狙ってみることになりました。

途中、飛島付近で少しだけ探るも反応なし。超激流です。

激流の様子。


すぐに移動しました。

青物のポイントは、まだちょっと潮が速すぎるようで
違うポイントでサワラを狙ってみます。

 

ここで僕にアタリが出て、まぐれでサワラを釣ることができました。
アタリはサワラっぽかったけど、底から離れない強い引きで上がってくるまでやっぱりメジロかあと思ってました。
念願のメーター級サワラだったので嬉しい。
釣れたジグはダイワのタチウオ用ジグでセミロング紫ゴールド200㌘でした。

師匠が血抜きと神経締めまでしてくれました。

その後、青物ポイントで粘ってみるも青物の反応はなく
風も強くなってきたので早めの撤収となりました。

 

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.