釣行記

鳴門海峡でタチウオ祭り開催中!2018/10/22

更新日:

朝と夜がだいぶヒンヤリしてきて秋本番になってきました。
澄み切った青い空を見るとソワソワして、とりあえず車に釣り竿積んでおこうかなみたいな気分になります。
タチウオがよく釣れているようなので今回は鳴門の達磨丸さんにお世話になることにしました。

前日に船長に電話してみるとジギング、餌釣りどちらでも釣れるとのことでした。
どちらかというと餌釣りのほうが大きいサイズが釣れるようなので餌釣りメインで挑戦することにしました。
タチウオの餌釣りの仕掛けはタチウオテンヤの50号を使います。

船長に餌の付け方を教えてもらって出発。

ポイントに到着して開始早々にアタリます。


ずっとタチウオに噛まれていると思いますが掛けるのが下手で餌を取られてしまうことが多いんです。
なかなか、この掛け合わせをするのが難しくて面白い。

大きいのは数釣っていると混じってくるとのことで頑張って手返しします。
もう何匹釣れたか分からないけど、ちょっと飽きてきたのでジグを落としてみました。


着底する前に釣れてしまいます。
どれだけタチウオが居るのだろう。
ピラニア状態のようになっているのでしょうか。

その後、まっさらのテンヤ2個とタチウオ用ジグは共に殉職しました。

そんな感じで昼頃まで頑張りました。

引き潮でポイントを移動して残り時間少しだけ青物を狙ってジギングをしました。

サワラを期待しましたが、サゴシとハマチを釣って終了となりました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.