釣り具、便利グッズ

感動のジギングリール! グラップラー300/301HG

更新日:

2018/10/28
秋が深まるにつれ鳴門海峡も釣れる魚種が増えてきて、いろんな情報を聞いていると
ソワソワが止まらなくて落ち着いていられなくなります。
先日も師匠はブリをジギングで仕留めたとのことで、さらにソワソワが止まりません。

以前から秋の釣り物に備えてジギングリールが欲しいなあ~と考えていたんです。
最初はシマノのオシアカルカッタ301HGを買おうかなと思っていたんですが、
シマノのサイトを見ていると2017発売の[グラップラー301HG]が出ていました。
そして嬉しいのが実売値段が僕にも手の届く22000円前後なんです。

用途が広いシマノのコスパ最高リール

fishing.shimano.co.jp

サイトの説明を見てみると、
「マイクロモジュールギア搭載! 高剛性・高耐久ロープロジギングリール。」
「PE3号-250mの大容量、スタイルを選ばず、ライトジギングからディープの鯛ラバ、スロー系ジギングまで幅広く対応。」
とあります。
コスパ大好きな僕はビビッと反応して釣られてしまいました。
たくさんの技術が盛り込まれていますが、
特筆すべきはマイクロモジュールギアが搭載されて超なめらかな巻き心地と巻き上げ力があるところです。
旧式ですが遠心ブレーキが付いていてキャスティングもできます。

オシアカルカッタ301HGと比較

スペック表だけですが簡単に比べてみました。

オシアカルカッタスペック表

fishing.shimano.co.jp

グラップラー301HGスペック表

fishing.shimano.co.jp

スペック表で見るとライン容量はグラップラーのほうが多くなってます。
ドラグ力もグラップラーは7kになっています。
スペック表だけで見るとオシアカルカッタを上回っているように思いますが、実際のところは僕もオシアカルカッタを持っていないのでわかりません。(適当ですいません)
丸型形状のオシアカルカッタはボディ強度とか酷使にはもう少し強いのかも知れません。

 

簡単にボディチェック

ドラグ音が出るので放出量が感覚的に分かりやすくて、やっぱり音がでると面白いです

ジギング用の大型ノブ

このリールの特性ハガネボディ、本体が金属のひと塊になってます。頑丈です。

旧式ですが遠心ブレーキつきです。キャスティングもできます。

スプールを外してみた

ベアリングついてます。当たり前ですが、

 

個人的にロープロタイプなのでカッコイイ

ジギングリールといえば丸型がほとんどでその中でもグラップラーは珍しくロープロ型になってます。
しかし、ハガネボディの採用でたわみが最小限に抑えられて頑丈で巻き上げ力のロスが少ないとのことです。
パーミングもやりやすくていいと思います。

先日、タチウオ釣りの後で少し青物ジギングに使いました。
本当になめらかな巻き心地で、このなめらか感は僕が持っている他のリールとは明らかに違います。
そして軽く巻けるのでジャークと巻きのタイミングの合わせ、またアレンジもしやすいです。

ハマチとサゴシしか釣ってませんけど、まあ、取り込みは余裕綽々といった感じでしょうか。
メジロぐらいまでは難なくやり取りできそうに思います。

この値段でこの満足度は感動的です。

これからのシーズン鳴門で使ってサワラを引きずり出してみたいですね。
県南のジギングでも使ってカンパチまでチャレンジしてみたいと思っています。
釣れるかどうかは腕の問題ですが(^o^ゞ

ありがとうございました。

-釣り具、便利グッズ

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.