釣行記

鳴門、鳴ちゃん丸で鯛ラバしてきました2018/8/19

更新日:

 

お盆が終わって頭痛のする暑さも峠を越えたようですね。
少し食欲も出てきて、冷やし担々麺が食べたくなってきました。
どこか美味しい店知りませんか?

 
鯛ラバのことばかり考えていたら釣りに行きたくて、師匠に電話すると日曜日1人の空きがあるとの事で急きょ割り込みさせてもらいました。

で、今日は満ち潮のゼンサ(大橋より西にあるポイント)を狙うとの事で昼ごろの出船です。

ゼンサ付近、ボートが集まっています。

あまりにたくさんのボートが集まってくると、遠くから見ると島のように見えたこともあります。
鯛から青物、実績のあるポイントです。
期待して第一投。

 

早速女性の方が鯛を釣りました。

ちょっと焦りながらも、真剣に巻きますが、なかなか僕にはアタリません。
さらに続けて、女性の方が釣っています。

どうやら、師匠のチューンした鯛ラバを使っているようです。

僕も師匠に釣れる鯛ラバを伝授してもらいました。
前回と同じ楕円カットのカーリーネクタイです。
黒色をいただいて作ってみたけど、(黒でも釣れてました)
悩んだすえに結局シマノのカーリーでボリュームアップさせてみました。

さっきよりはしっかりしたアタリが出るようになりました。
今日は鯛ラバの違いでの差がよくわかります。
それから少しゆっくりの巻きがいいようです。

途中、鯛ラバをフォール中に切られてしまいました。

サワラに切られたと思いましたが、もう一度同じアタリでタチウオが釣れました。
早くもタチウオが回ってきてるようです。
鯛ラバの仕掛けを切ってしまうことがあるので、鯛ラバには良くないですが専門に狙うのは面白くて、これからが楽しみです。

鯛ラバを調整してなんとか僕にもちょっとましなサイズ釣れました。

 

その後も、ポツポツと釣れます。
女性の方がほとんど釣っています。

負けた〜!

 

あっという間に時間は過ぎて早くも夕方になってしまいました。

今日も楽しい釣りになりました。
ありがとうございました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.