釣行記

牟岐、日和佐の船釣り本カツオ狙いで撃沈2018/8/13

更新日:

 

カツオが好きな釣り友達のお誘いで県南の海へカツオを
狙いに行ってきました。

 

本カツオの釣りですがオキアミの餌で釣るウキ釣りです。
友達の説明によると道糸はPEの3~4号、ハリス8号以上、針はグレ針の10号以上でないと
捕れないとのこと。

え~?
鰤のジギングでもPE1.5〜2号ぐらいやのにPE3号は要らんやろ?
と思いましたが、カツオのスピードが速いので瞬発力で切られてしまうらしいです。

熱く語る友達の言葉を無視して以前のかご釣りの道具、30号の船竿とPE1.5号を巻いたリール、
それとハリスは8号、針はグレ針の9号でとりあえずやってみることにしました。
(本当は全部買いそろえるお金が無いです。)

で、結果から言うとカツオはボウズでした。

先週まではカツオはいたとのことですが、サメが湧いていて
釣れても全部サメに襲われて一匹も捕れなかったそうです。

まずは、以前イサギの釣りをしたトビツの沖で狙ってみます。
開始早々にサメが船の近くを背びれを立てて泳いでいました。

しばらく撒き餌さをしながら手返ししますが、全くカツオの気配はありません。
前回とは潮の色がだいぶ悪くなっているそうです。
カツオ狙いに見切りをつけて日和佐側で鯛など釣れそうな魚に変更になりました。

 

日和佐側に移動中イルカの群れに出会いました。

イルカが船に近ずいてきてくれて泳いでいます。
しばらくイルカウオッチングを楽しみました。

 

日和佐側ポイントではかご釣りで狙います。

ここではサバが湧いています。


サバが仕掛けを落とす途中で釣れてしまって、底まで仕掛けが届きません。
サバの入れ食い状態なので僕は少し休憩。

しばらくしてサバが少なくなったようなので釣り再開、
タナ45mぐらいにあわせて竿をしゃくって撒き餌さを出して待っていると
何とか一匹鯛が釣れました。

その後、メジロも釣れました。


なぜか尾びれ付近が曲がっています。
虫が多そうなのでリリースしました。

しばらく手返ししますが、
再びサバが回ってきて、空もゴロゴロと音がしてきたので昼過ぎに終了になりました。


-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.