daiwa.com

釣り具、便利グッズ

2018年、釣り用クーラーボックスをベストチョイス

更新日:

 

釣り始めるのにクーラーボックスは必要。
とはいって高価なものなので
僕たちサラリーマンのおこずかいで専用をあれこれとそろえるのはちょっと厳しいです。
最初のクーラーボックスとしてのおすすめをご紹介します。

 

選び方のポイント

1 縦型か横型どちらがいい?
・縦型はキス、豆アジなどの小型の魚の用途がいいと思います。
トレーなどで上下に仕切りがあって生き餌を入れたり小物の収納もできます。
堤防釣りに便利そうです。

・横型は青物などの体長のある魚を入れます。
魚を曲げずにいれることができます。

2 サイズは?
・キス、豆アジなどの小型の魚なら20Lまでの縦型が便利です。

・真鯛、グレ、小型青物などは25~35Lがおすすめです。
25~35Lぐらいのサイズが磯釣り、船釣りなど幅広く使えます。
横型タイプならメジロぐらいの青物まで入ると思います。

・ブリクラスの大型の青物なら横型タイプ50L以上必要になってきます。

3 グレードはどれぐらいがいい?
遠征などで泊まりのある釣りは長時間の保冷力が必要です。
日帰りの釣りならウレタン断熱材のクーラーボックスで大丈夫と思います。

 

断熱材の種類

断熱材=クーラーボックスのグレードになっています。

真空パネル:高価ですが保冷力も高くて泊まりの釣行、遠征に向いています。
本当にいい物は氷が再び凍ると聞いたことがあります。

発砲ウレタン:価格は手頃で保冷力もあります。
日帰りの釣りなら十分使えます。

発砲スチロール:値段は安いが性能もそれなりで、ウレタンより保冷力は落ちます。
半日だけの釣りとか冬の釣りには使えると思います。

 
グレードの高いクーラーボックスでも、ふたの開け閉めを少なくする、日陰を選んで置く、など
氷を長持ちさせることを意識しないとせっかくの保冷力が活かせません。

一つだけを選ぶなら、やはり自分の釣りのターゲットに合わせて買うしかないです。
釣りに使うので、ダイワ、シマノのクーラーボックスを選べば間違いないですよね。

 

 

船釣り、磯釣り、キャンプなどのレジャーにも幅広く使える中型クーラーボックス2個ベストチョイスしました。

ダイワ
ライトトランク IV GU 3000RJ ブルー

 

断熱材に発砲ポリウレタンを使っています。
500mlのペットボトルが縦に24本収納できます。

容量:30L
内寸:23×52.5×24.5
外寸:33.5×67×34.5
重量:5.3k

使いやすい・・・50Lを使ってましたが、船の乗り降りが少し大変なのと、ほとんどクーラーを満杯にすることは無いので、この30Lがピッタリでした。
保温・水抜き・フタの開閉など不具合は全くありません。釣りものを選ばず使用できる中型クーラーです。"amazon

 

 

シマノ
SPA-ZA BASIS 250[スペーザ ベイシス]

大型魚を美しく余裕を持って収納できる横長フォルム。
座って踏まれても壊れにくいタフで軽量なボディをシマノ独自の設計で実現.

容量:25L
内寸:220×500×230
外寸:305×657×320
重量:5.5k

さすがにシマノさん、保冷能力高し!現地にて青物を釣った際保冷用で購入
60センチの青物を3匹いれても余裕がまだありました!
4匹で限界ですね。
一番底に保冷剤を入れて使ってましたが家に帰っても保冷剤が解けきっておらず、まだまだイケるぜ!な感じで冷えてました。
いい買い物をしました。ありがとうシマノさん。"amazon

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

-釣り具、便利グッズ

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.