釣行記

鳴門で鯛ラバ2018/7/15

更新日:

 

 

四国地方は梅雨明けして本格的な夏になりました。

猛烈に暑い日が続いています。そんな今日も鳴ちゃん丸にお世話になりました。

朝は引き潮で徳島側を狙うとのことで7:00ごろ出船となりました。

 

内の海を通って徳島側のポイントへ向かいます。

 

ポイント付近到着、たくさんボートが集まっています。
オオイソという場所だそうです。
先日の大雨でかなり濁りが入っているので深場は避けてみるそうです。

50~20mぐらいまで流します。小型が多いですが、中にはいいサイズも
混じるようです。

今日も早速アタリあります。
小さなアタリがたくさんあって、どうやら手の平サイズの鯛がたくさんいるようです。
アタリは多いので退屈しません。

今日は前回使った赤カーリーから始めてみましたが、小型が多いです。
前日はオレンジのストレートネクタイでたくさん釣ったらしく
前回とはもう変わっています。

 

 

師匠はダイワの鯛ラバ用タコベイトでアタリ連発しています。
しかも良型ばかりです。

見せてもらったのですがシリコン製で普通のタコベイトより柔らかくて
フニャフニャしています。

重りはタングステンでバス用の物で軽いと言っていました。
アタリは餌釣りみたいで鯛がガジガジ噛んでいるのがわかるらしいです。
今日は良くアタッています。しかも大きいのばかり。
僕も昨日、買っておけばよかった。

 

途中、タングステンのジグを適当にしゃくってみたら
良型の鯛が釣れました。


アタリがガツンときて強烈で引きも強く面白かったです。
すこしの間、ジギングしましたがフグが釣れて危機一髪タングステンジグが
無くなるところだったのでやめました。

再び鯛ラバに戻り、鯛ラバを普通の太さで少しボリュームのあるタイプに変えると
ちょっとよくなりまずまずのサイズ釣れるようになりました。

 

 

師匠は潮のタイミングみてポイントを的確に探ってくれます。
潮が速くなり過ぎたのでオオイソを外してちょっと深めの場所へ行きましたが
やはり濁りの影響か反応悪いようです。

 

淡路の福良沖も探ってみましたがここも反応悪かったです。

 

潮の緩みはじめるタイミングで再びオオイソ周辺へ移動。
ここではアタリが多くてコンスタントに釣れます。

 

僕はちょっと暑さでバテてきました。
しばらく頑張って時間となったので終了になりました。

暑いけど面白かった〜!
タングステンジグも初めてだったけど
面白い釣りができそうです。
これからやってみたいと思います。

ありがとうございました。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.