釣り具、便利グッズ

カストキングのスピニングリールSHARKY3はコスパキング!

更新日:

 

2018/7/3投稿

しかし、人間の欲望は果てしない。
経済を動かすのは欲望だ。
そして僕は今、スピニングリールがとっても欲しい・・

アマゾンを見ていたら、なんだかカッコいいリールが出ていたんです。

ハッ! もしやこれはミッション・インポッシブルのIMF御用達のリールじゃないのか!?

イーサン・ハントも使っているに違いないと思いました。

それは「カストキング」というメーカーの製品でした。
貪るように見ていると、スピニングリールにベイトリール、ロッドとかあります。どれも低価格です。

安いな〜
M.Iを彷彿とさせるデザインはカッコいいけど、性能はお値段相応なんだろな〜って思いました。

しかし、ドラグ力とかベアリングの数、価格的にちょっと信じられないような表示なんですよ。
お値段以上の性能を表示しています。

そして、アマゾンのレビューを見てみると、ほとんどが高評価で購入者皆さんの満足度は高いようです。

そんな中で気になったのが新発売のスピニングリールSHARKY3でした。
新発売ということで、それなりに完成度も上がっているだろうと期待したのと、赤と黒のカラーリングが個人的にカッコ良くて鯛ラバに合いそうだから。
それにしても「カストキング」って初めて聞くメーカーでした。

カストキングって何やろ?

ネットで調べてみました。
そんなに詳しいことはわかりませんでしたが、
カストキングはアメリカのポセイドンという会社の釣り具ブランドで、ロッド、リール、ラインなどを手掛けています。
徹底的なコスト削減で低価格を実現し、最近、日本に進出してきて業界を脅かしているそうです。
ICASTというアメリカ最大のフィッシングショーでアワード受賞の実績もあります。

 

というわけで、新製品のSHARKYⅢの3000をポチっと衝動買いしました

ポチってから3日で届きました。

すごい高級感のあるキレイな箱です。
こんなに丁寧に箱に入っているリールは見たことありません。
カストキングの誇りと釣り人に対する敬意の表れでしょうか。
箱だけでも1000円くらいしそう。

英語の説明書らしきと分解図が入っています。
読めねえ・・

 

仕様書きは次のようになっています。

"kastking.com

✔高効率の3層カーボンファイバードラグ
✔10 + 1シールドステンレススチールベアリング
✔PEラインに対応したアルミスプール
✔マンガン黄銅合金製の精密ギア
✔ファイバー強化ボディ
✔ステンレススチールメインシャフト
✔サイズは1000-5000番
✔すべてのSharkyIIIが10個の2重シールドの高品質ステンレスシールドボールベアリングを搭載

 

僕が買ったSHARKYⅢの3000は
重さ 265㌘
最大ドラグ力15㎏
巻取り長さは71㎝(1回転)です。

3000というサイズですがシマノのリール3000よりちょっと大きいくらいかな。
スプールのライン容量は多くて、下巻き糸を巻いてPEの0.8号を200m巻きました。
ベアリング10個ってすごいですね。
自重は少し重いですが、このサイズならそんなに気にならないです。

 

簡単にボディチェック

個人的にデザインは好きです。カッコイイ。

ラインキーパーって言うのかな、ちょっと止めにくい、巻きつけるように使うのかな

ラインローラーはアンチツイストになってるけど効果はちょっと微妙な感じ

ラインローラーに入っていたステンレスベアリング

ステンレスメインシャフト

3層カーボンドラグ、分解してみた

本体も分解してみようしましたが、途中でわからなくなったのでめんどくさくなって断念しました。

巻き心地はスムーズです。
シルキーとまではいかないものの、変なガタツキ、ぶれ、振動はありません。

精密感を感じる巻き心地です。

はじめ僕は勝手な先入観でアメリカのメーカーなのでちょっと雑なんだろな〜みたいなことを思ってました。

でも、それは間違いでした。
なんで雑と思ったのだろう。昔のアメ車のイメージかな?マスコミの影響?

とにかく間違ったイメージでした。
申し訳ありません。

そうだった、今のアメリカは違う。

iPhoneのアップルはアメリカ。
インテルだってアメリカです。
マクドナルドもアメリカから。
マドンナもアメリカ。
アメリカは超精密大国なんです!
知らなかったのは僕だけです。

マクレーン刑事はちょっと雑かもしれませんが、このリールのギアは精密です。

実際に使ってみて感想

購入して早々にタングステンジグで鯛を狙いました。

水深30mくらいのポイントで鯛ラバをやっていて何匹か釣れたので、次に鯛ジギを試してみました。

キャスティングして斜めにジグを引くために今回このリールを使ってみました。

できるだけ遠投して着底と同時にすぐ巻き始めます。
特にアクションはつけずにタダ巻きで引いていると、
3投目の15巻きくらいしてもう一度落とそうと止めた時ゴンッとひったくっていくアタリが出て、
まずまずの鯛が釣れました。

これくらいの鯛ならゴリ巻きできそうな剛性感はありましたが、ラインが切れるのでドラグは少しゆるめの設定にしてました。
いいドラグ音出してくれました。
幸先良かった!

その後も2回釣行に使いました。使用後、水道の流水でジャージャー洗いました。
安かったので雑に扱ってしまいましたが、今のところ問題なしです。

もし巻き心地が落ちてきたら、今度は分解して洗浄、グリスの入れ替えにチャレンジしてみようかと思います。

このリールでジャイアントキリングしてやりましょう。
ありがとうございました。

-釣り具、便利グッズ

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.