鯛ラバのススメ

鯛ラバの面白さは無限

更新日:

鯛ラバとは

鯛ラバはもともと鯛カブラとも呼ばれる鯛を釣るための漁師の仕掛けです。
発祥の地は大分県とも瀬戸内海、鳴門など諸説あります。
鉛の重りに針がついたものにエビの餌をつけて釣る方法で、餌取りの多い時期、
エビの餌がビニールやゴムのシートを細長く切ったたものに変わり、これが鯛の反応が良い釣り方として広まりました。
これが、現在「鯛ラバ」というルアーフィッシングで浸透して全国に広がっています。
ルアーフィッシングとしての歴史は浅くて、未だ進化中の釣りです。
僕が釣りをはじめた頃はルアーで鯛が釣れるなんて想像もしなかったんです。
現在はいろんなメーカーから様々に工夫された鯛ラバが販売されるようになりました。
鯛玉重りも美しい塗装がされて形も色々あり、ネクタイもシリコン製が増え、ワームのようなものなど多彩です。

鯛を釣る前に僕なんかはメーカーに釣られています。

基本的な釣り方は、鯛ラバを海底まで落として数メートルから数十メートル巻き上げるだけ、これで鯛が喰ってきます。

鯛ラバ釣りの魅力

この釣りの魅力はまず、手軽なことです。
僕が初めて鯛ラバの釣りに誘われて鳴門に行ったとき、その手軽さに驚きました。

僕が鯛ラバを知る前の鯛釣りといえば、徳島県南の船釣りで、天秤仕掛けのかごにオキアミ餌を詰めて底撒きして魚を寄せて釣る方法で、ハリスは長く3ヒロ〜7ヒロぐらいありました。
重い鉛で仕掛けは重くて扱いはめんどうです。

うねりのある海で錨を掛けると、僕は船酔いして吐き気と眠気に襲われていました。

それが鯛ラバなら本当に手軽にゲームフィッシングに変わります。

リーダーに鯛ラバ結んで、
落として巻くだけ。

うちの子も初めて行って釣れました。
僕より釣りました。

これが最初、鯛に何の餌に見えているのか不思議でした。
たぶん、鯛も何かは分かってないのでしょう、餌のような気がするから追いかけてくるのでしょうか。

落として巻くだけの釣りですが、同じようにやっていてもよく釣る人と僕のように釣れない人がいます。
やはり、簡単そうでも何かテクニックがありそうです。

 

鯛ラバはなんでも釣れる万能ルアー

鯛ラバは鯛だけでなくていろんな魚が釣れます。
釣れない魚はないかもしれません。
僕が鯛ラバでこれまでに釣れた魚は
鯛、ガシラ、ベラ、カンダイ、アコウ、ヒラメ、ブリ、ハマチ、チヌ、タチウオ、アジ、サバ、サワラ、ホウボウ、タコ、キス、
あとは、忘れました。
県南の海では、グレも釣れたと聞いたことがあります。

落として巻くだけの釣り、簡単だけど、その世界はとても深くてなかなか正解がみえません。
ハマるとどんどん深み入って抜けられなくなります。
そして、鯛ラバを自作したり、その鯛ラバで釣れると楽しさはさらに倍増。
楽しさの幅はどんどん広がっていきます。
それでいて、鯛ラバは楽ちん。
ロッドとリールがあれば、あとは鯛ラバを釣り場で結んで釣るだけ。本当に手軽。
6月頃から秋にかけては鯛ラバ入門に最適のシーズン。
さあ、思い立ったらさっそく出かけましょう!

-鯛ラバのススメ

Copyright© 青い空と釣りが好き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.