釣り具、便利グッズ

初めての鯛ラバ揃える道具まとめ

更新日:

ようこそ鯛ラバ地獄へ。

この門から先に踏み入るともう後戻りはできません。
覚悟はよろしいでしょうか?

初めての鯛ラバで必要な物

鯛ラバに必要な道具を箇条書きにまとめてみました。
手っ取り早く鯛を釣るためには、まずテクニックよりも今その釣り場で釣れている鯛ラバにセッティングすることです。
最新の情報は船長にあります。
情報が1番です。
自分が行く遊漁船の船長にしっかりと釣れている鯛ラバを確認してくださいね。

1 ロッドとリール


ロッドとリールはどんな釣りでも一番こだわりの出る道具ですよね。
自分の気に入った道具を手に入れると、がぜんテンションも上がって早く釣りに行きたくなります。
新品のロッドとリールでエアーフィッシングなんかして、もう釣ったような気分になりませんか?
近頃は鯛ラバの人気も高まってきて各メーカーから鯛ラバ専用ロッド、リールが発売されています。
ロッドの種類も状況に合わせて使い分けできるように種類が増えましたが、自分がメインで行く釣り場に
合わせたロッド1本でいいです。
リールは巻きが主体の釣りだけに、そこそこ耐久性のあるものを用意しておきたいです。
自分の好きなメーカーの中から鯛ラバ専用のロッド、リールを買えばまず間違いないでしょう。
値段的には安くみてロッドとリールで3~4万円くらいでしょうか。
ちょっと値が張るけど、できればリールは2万円台くらいの物をそろえたいです。

 

2 PEラインとリーダー

よく使われているのはPE0.6~1号くらい。
長さは多くの釣り場で200mで足りると思われますが、これも船長に確認してください。
細いほど水の抵抗が少なくて、浮力も小さくなります。
PE0.8号が強度的にも扱いやすさでも幅広く使えると思います。
PE0.8号なら3~4号のフロロカーボンのリーダーがバランス的にいいです。

 

3  鯛ラバヘッド

釣行する場所に合わせて一番使う重さを2個以上とそれ以外で重さ別に数種類用意します。
根掛かりとかで無くすこともあるので予備は必要です。
僕が鳴門に行く場合は60㌘をメインで予備を含めて3個以上。
その他に45㌘80㌘100㌘120㌘を各2個づつくらい。
その中で45㌘と60㌘にはタングステンヘッドもあわせて揃えています。
タングステンヘッドは、フォールが速くて底どりが明確になります。
冬場の渋い時や、小さい鯛のアタリも拾いやすくなります。
高価だけど、一番使う重さに1個は用意しておきたいです。

よく釣れる色はあるのか?
色は好みでいいと思います。
なぜなら、繰り返し使ってボロボロに塗装がはがれたヘッドでも釣れますし、塗装のないヘッドでも釣れます。
形状のほうが重要で、ほぼ球体の物と側面が平面な物では動きが違います。
側面が平面になっている物はスラロームの動きをします。
どの重さ、形を使うかは季節とか釣り場によって違うと思うので、事前に船長に聞いて購入すれば失敗ないでしょう。

 

 

4  ネクタイ、スカート、交換フックなど

事前に船長に釣れてるネクタイ、色を聞いておきましょう。
今、良く釣れているネクタイ、色をメインに予備も含めて複数持っていきます。
各メーカーからカスタムパーツが出ていますので、それらを揃えると簡単に交換ができます。
いろんな種類がありますので、たくさんあれば攻める幅も広がります。
ネクタイは最も釣果に影響するので、まずは今その釣場で釣れているネクタイを優先に揃えて下さい。

 

5 ハサミ、フィッシングプライヤー

ラインを切るのにハサミが必要です。
フィッシングプライヤーは魚から針を外したり、ラインをきったり、スプリットリングを交換するとか色々機能がついています。
主に針外しに使うことが多いので、鯛には大きめのものが使いやすいです。

 

6 タックルボックス

鯛ラバ、針、ネクタイなど交換パーツを整理するのに必要です。
釣り専用の物が機能性が高くていいと思います。
パーツを小物ケースに分けて収納するとスッキリして仕掛けの交換も早いです。
おすすめタックルボックス

 

7 クーラーボックス

25~35リットルぐらいがいいと思います。
飲み物、食べ物も入れます。
おすすめクーラーボックス

8 酔い止めの薬

乗り物酔いに弱い人は用意してください。

 

9 偏光グラス

眩しさ、ギラツキ軽減、紫外線から目を保護します。
万が一フックなどが飛んできても目を守ってくれます。
普通のサングラスよりも偏光グラスのほうが水面下が見えやすいので何かと便利です。

 

 

季節に合わせたウェア

釣具店で釣り専用のウェアなら間違いなけど値段もまあまあ高い。
作業服のお店とかホームセンター、スポーツ、アウトドア用品のお店で自分好みと予算に合わせて選んでもいいです。
ひょっとするとそっちのほうがおしゃれかも、センスのいいあなたならきっとバッチリ決まるでしょう。

 

①帽子、ラッシュガード、紫外線は強烈

帽子は紫外線対策、熱中症予防、眩しさを軽減するのに必要です。
特に夏には熱中症予防で必需品です。麦わら帽子は涼しくていいのですが風で飛びやすいので気をつけてください。
日焼け止めを塗る、またはフェイスマスクなどしたほうがいいです。
日焼けを気にしない人はいいですが、日焼けすると疲れやすいです。

②上着

春、秋は暖かい日もありますが、風が吹いたりして海上では寒いことがあります。
僕の場合はトレーナーをインナーにして、パーカーまたはウインドブレーカーを重ね着して、暑ければ脱げるようにしています。
暑ければ脱げばいいですが、寒くてアウターが無ければ着るものがありません。
夏は紫外線対策を考えて薄ての長袖または、半袖に腕はラッシュガードが
いいと思います。
冬は防寒着を着て、もし暑ければ脱ぐなりして調節します。

③ズボン

ジーンズ、作業ズボンとかでもいいですが、春、秋は寒い日もあるかもしれません。
濡れることもあります。肌寒いならズボンの上からレインウェアを履いたりしてもいいと思います。
夏は紫外線対策で薄てのズボンがいいとおもいますが、短パンとかの人もいます。

④ライフジャケット

膨張式の物がいいです。
ベストタイプとベルトタイプがあって、それぞれ手動で膨らむのと自動のタイプがあります。
ベルトタイプが動きやすいです。
遊漁船で貸し出ししてくれるところもあります。

⑤ブーツまたはデッキシューズ

船用のブーツがいいです。
スニーカーでも大丈夫ですが濡れることもあります。

⑥手袋

仕掛けを作るので親指、人差し指、中指が出せるものがいいです。
日焼け対策にもなります。

⑦レインウェア

アウターの代わりにも使えます。作業服のお店などに行くとリーズナブルで透湿性のあるものなどがあります。

⑩タオル、ティッシュ

汗拭き用と手を拭いたりするのと2枚ぐらいあれば便利と思います。

 

最初なので、揃えるもの多くなってしまいました。
他の人のスタイルなど参考にして、あなた好みで楽しく揃えてくださいね。

 

 

鯛ラバの魅力

鯛ラバはもともと鯛カブラとも呼ばれる鯛を釣るための漁師の仕掛けです。
発祥の地は大分県とも瀬戸内海、鳴門など諸説あります。
鉛の重りに針がついたものにエビの餌をつけて釣る方法で、餌取りの多い時期、
エビの餌がビニールやゴムのシートを細長く切ったたものに変わり、これが鯛の反応が良い釣り方として広まりました。
これが、現在「鯛ラバ」というルアーフィッシングで浸透して全国に広がっています。
ルアーフィッシングとしての歴史は浅くて、未だ進化中の釣りです。
僕が釣りをはじめた頃はルアーで鯛が釣れるなんて想像もしなかったんです。
現在はいろんなメーカーから様々に工夫された鯛ラバが販売されるようになりました。
鯛玉重りも美しい塗装がされて形も色々あり、ネクタイもシリコン製が増え、ワームのようなものなど多彩です。
基本的な釣り方は、鯛ラバを海底まで落として数メートルから数十メートル巻き上げるだけ、これで鯛が喰ってきます。

 

チョー手軽な鯛ラバフィッシング

初めて鯛ラバの釣りに誘われて鳴門に行ったとき、その手軽さに驚きました。

僕が鯛ラバを知る前の鯛釣りといえば、徳島県南の船釣りで、天秤仕掛けのかごにオキアミ餌を詰めて底撒きして魚を寄せて釣る方法で、ハリスは長く3ヒロ〜7ヒロぐらいありました。
重い鉛で仕掛けは重くて扱いはめんどうです。
うねりのある海で錨を掛けると、僕は船酔いして吐き気と眠気に襲われていました。
それが鯛ラバなら本当に手軽にゲームフィッシングに変わります。
リーダーに鯛ラバ結んで、
落として巻くだけ。
うちの子も初めて行って釣れました。
僕よりたくさん釣りました。

これが最初、鯛に何の餌に見えているのか不思議でした。
近頃は鯛ラバも1年中狙う釣りになり、その時の鯛のエサに近い鯛ラバにセッティングします。
季節によっては虫のような、ある時はカニなど、またある時はイカような鯛ラバに似せたりします。
落として巻くだけの釣りですが、同じようにやっていてもよく釣る人と僕のように釣れない人がいます。
やはり、簡単そうでも何かテクニックがありそうです。

 

 

鯛ラバはなんでも釣れる万能ルアー

鯛ラバは鯛だけでなくていろんな魚が釣れます。
釣れない魚はないかもしれません。
僕が鯛ラバでこれまでに釣れた魚は
鯛、ガシラ、ベラ、カンダイ、アコウ、ヒラメ、ブリ、ハマチ、チヌ、タチウオ、アジ、サバ、サワラ、ホウボウ、タコ、キス、
あとは、忘れました。
県南の海では、グレも釣れたと聞いたことがあります。

 

落として巻くだけの釣り、簡単だけど、その世界はとても深くてなかなか正解がみえません。
ハマるとどんどん深み入って抜けられなくなります。
そして、鯛ラバを自作したり、その鯛ラバで釣れると楽しさはさらに倍増。
楽しさの幅はどんどん広がっていきます。
それでいて、鯛ラバは楽ちん。
ロッドとリールがあれば、あとは鯛ラバを釣り場で結んで釣るだけ。本当に手軽。
6月頃から秋にかけては鯛ラバ入門に最適のシーズン。
さあ思い立ったらさっそく出かけようじゃあ~りませんか!

-釣り具、便利グッズ

Copyright© 青い空と釣りが好き , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.