鯛ラバのススメ

鯛ラバの釣り方、最短で釣れるコツ

更新日:

鯛ラバ釣り方の基本

鯛ラバの釣りは船でポイントを流しながら狙う流し釣りです。
基本、海底まで落として巻き上げて
また落とすの繰り返しです。
落として巻くだけなのに何でこんなに面白い?
けど、悔しいこともある、そんな鯛ラバでアタリの多かった釣り方を紹介します。
ただ、状況は毎日変わると思いますので、これを軸として船長、釣り仲間のアドバイスを取り入れて試してくださいね。

フォールスピードは速いほうがいい

フォールスピードは速いほうがいいです。
糸ふけが出ないようにメカニカルブレーキを調整して
バックラッシュしないようにできるだけ速く落としてください。

鯛ラバの着底で砂けむりが上がるぐらいの勢いでいいです。

フォール中に鯛が鯛ラバに気づくと追いかけてきます。
鯛ラバを見せすぎないために速く落とします。

フォール中にアタルこともあります。
もし、フォールで鯛が鯛ラバを完全に捉えたら、着底と同じくラインが止まります。
着底した思って巻き始めたら食っていたという状態になります。
フォールで釣れたときは針掛かりが悪いことが多いようです。

 

着底は絶対に見逃さない

深い場所や速い潮、上層と底付近は流れの速さや向きが違うこともあります。
浅い場所で上層から底まで安定した流れなら着底はわかりやすいです。
深い場所や流れが速かったり、二枚潮などは着底を見逃すことがあるかもしれません。
サミング出来るなら着底の振動を感じやすいです。
着底するとスプールは一瞬止まります。

見逃すとラインが潮に引っ張られて再びラインは出ていってしまいます。
ラインはどんどん出て、隣の人とおまつりになったり根掛かりしてしまいます。

例えば、30mぐらいのビルの屋上から鯛ラバを落とすのを想像してください。
横風が吹けばラインがなびいて弓なりに糸ふけが出ると思います。

水の抵抗は空気より強くて、海の中は上層から底まで安定して流れていないことも多いです。

軽いヘッドでギリギリ着底が分かるよりも、重いヘッドに交換して、糸ふけを少なくするほうが鯛ラバの動きも機敏で鯛に見切られにくくなります。

 

着底してからの巻き上げは、超絶、機敏に素早く上昇させる!

鯛ラバが着底してからの動かない時間が長いと食いが悪いです。
追いかけてきた鯛が通過してしまいます。

鯛から見てエサのような鯛ラバが海底に追い詰められて、反転して逃げるのをイメージしてください。

ボールが地面で跳ね上がるぐらいの機敏さで上昇させてください。
これを意識するだけでもアタリは増えます。

着底して速攻巻き始めたとしても、始めは糸ふけを巻いているだけかもしれません。
なので、はっきり着底の分かるヘッドの重さにしてフォール中にラインが潮に吹き流されないようにメカニカルブレーキを調整して糸ふけをひかえてください。

巻きスピードについて

まずは今釣れている鯛ラバにセッティングして巻きスピードを探っていきます。

巻きスピードはリールのギア比、リールの種類で違いますが、(僕のリールは1回転71㌢)
大まかに言って

カーリーネクタイを使っている場合1秒間に1回転ぐらい

ストレートネクタイを使っている場合は1秒間に2回転ぐらい
で探っていくようにしてます。

どちらかというとちょっと速めのほうが鯛はアタリが多いです。

アタリがあるけど乗らない、いわゆるショートバイトがあれば、もう少し遅く巻くか、それとももう少し速く巻くかを調整して探ります。

船中で釣れている人に合わせるのがいいとは聞きますが、同じ速度に合わせることにこだわらずに、おおよそのスピードを教えてもらって参考にします。
ポジションの関係もありますので、鯛の群れが大きくて、活性があればアジの大群みたいにみんな釣れるのかもしれませんが、流れに対して下流側(潮先)は最初にポイントに入りますので、鯛に見つけてもらう確立が高く有利になります。(潮先の人が必ず釣っているとは限りませんけど)

僕の場合は重いヘッドに交換して、巻く回数を減らして落とす回数を増やしてみたり、
巻き方を波の上下にあわせて加減して丁寧にしたり、リールのカウンターを見て着底の直前で巻き始めるとか、毎回、中層ぐらいまで巻いてみるとかスピード調整の他にアタリのパターンを試しています。

 

ちなみに根魚はスローで狙っています。
鳴門では転流の潮止まりに海峡の大橋周辺でアコウを狙っていましたが、
カーリーネクタイの鯛ラバで、フォールもスローにして
巻き上げも超スローにして誘います。

 

どれぐらい巻きあげるのか?

おおよそ水深の4/1〜1/3ぐらい、巻いています。
なので、深くなると比例して巻き数を増やしています。
80〜100mぐらいの水深を狙ったときは30〜40回ほど(僕のリールは1回転71㌢)巻いていました。

鯛は底付近ばかりににいるのではなくて、浮いていたりします。
回収している時にかなり上のほうで釣れたこともありました。
時々は中層ぐらいまで上げてみてください。

ちなみに、オキアミの底撒きカゴでの釣りの場合、鯛のタナの設定は青物よりも上になります。
ウキ釣りなら一気にウキが消しこみます。
鯛は上下動が大きいです。

また、鯛はかけ上がり(徐々に水深が浅くなる)の場所に着いていることが多く、
流し釣りもかけ上がりのポイントを探ることが多くなります。
カウンター付きのリールなら水深が浅くなってくるのがよくわかります。
マーキング付きのPEラインならラインの色を見て判断できます。
巻き抵抗が重くなったりすると海底の地形や底潮に変化があります。
海底の状況をイメージしながら攻めてみます。

例えば、巻き抵抗が重くなったところでコツッとアタリがあったけど乗らなかった。
次の流しで同じ場所では少し遅く巻いてみるとか、
ちょっと速めに巻いてアタリを感じたら遅くしてみる。
など色々やっています。

船長は魚探を見ていますのでアドバイスを聞いて探ってみてください。
時々は鯛ラバを回収してネクタイ、針などが絡まってないかチェックしてください。

 

ドラグの設定

基本的にゆるめに設定してください。

極ゆるの設定で、鯛ラバがぎりぎり巻き上げできるようにしてください。
ゆるめのほうが針の吸い込みが良くて鯛の口に掛かりやすくなります。
アタリがあればしばらく巻き続けますが、ロッドが引き込まれるとき、鯛が下に向いて走っているときにスプールを押さえて軽く合わせを入れると口に掛かります。

きつめの設定にした場合、最初のアタリで口に掛かればいいですが、ウロコとか顔の外側に引っ掛かった状態になったりします。
テンションがかかっているので引っ掛かっただけような状態で、途中ウロコがはがれたり、顔など硬いところなどは刺さりこまずに外れてしまいます。

鯛が釣れてドラグがゆるくて取り込みに時間がかかるようなら鯛が弱ってきたら様子を見て、少しずつ締めて巻くといいでしょう。

 

ロッドの構え方

僕の場合、ロッドは水平に構えないで水面に向けるように構えます。
水平に構えると手首の負担が大きいのと、竿先の弾力は重りの重さと潮の抵抗でほとんど無くなっていますし、着底してからの巻き上げも少し遅れてしまいます。

なので、45度よりも下向きぐらい、仕掛けが船の下方向に引っ張られる場合などはほとんど真下に向けたりもします。
けれども、ラインとロッドは一直線にはならないよう少しは角度がつくようにしてください。

リールを下から包むようにロッドを握って
竿尻は強く脇に挟まないようにして、もしくは腕にそえているだけにして、鯛の最初のコツッっと来るアタリを弾かないよう少し遊びをもたせるような持ち方です。

長時間巻いていると手首の負担がキツイですので、竿先は水面向けに構えてください。

 

鯛は釣れる時合いがある

鯛に限らず魚には活性が高くなる時間帯があります。
1日釣れ続くというのは今までなかったです。
船長は最新の情報をもとに、それぞれ実績のあるポイントにその場所の時合いを狙って探っていきます。
可能性の高いところを探っていきますが、毎日状況は変わるので昨日入れ食いでも今日も同じように釣れるとは限らないです。
船中で誰かが釣っていたら時合いが到来かもしれません。
集中力を上手に配分して短い時合いを逃さないように頑張ってくださいね。

以上、まだまだ足りませんが試してみてください。
ありがとうございました。

-鯛ラバのススメ

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.