ちゃぶ台話

青い空に泳ぐ鯉のぼり

更新日:

2018/5/6投稿

GWの子供の日、快晴で清々しくて
せっかくなので近所を娘と散歩しました。

途中、鯉のぼりを見つけたんです。

最近はあまり鯉のぼり見なくて、ちょっと久しぶりだなと思いました。

鯉を釣ったことないのでネットで少し鯉の事を調べてみたんです。

驚くことに、鯉はとても生命力が強く泥水の中でも平気で生きられるし、水から上げられても長い時間生きていられるそうです。

そして、中国の故事に鯉の滝登りがあります。
黄河にある竜門の急流を登った鯉は竜になるというものです。
滝の落差は300Mを超え、流れは弓矢より速く、
さらに、天敵や漁師までもが待ち構えています。

なんだかゲームのクライマックスのようです。
クリアすれば竜になるんですよ。
なんか鯉、カッコイイっす。
立身出世の象徴、登竜門をくぐり抜けて目標を達成するって凄いですよね。

現実には滝を登る鯉はいないそうですが、泥水の中でも生きていける、その生命力には驚きました。

現実の社会は思い通りにならなくて、争いごとも多くてまるで泥水のような社会。
そんな社会で泥まみれになって生きていく。
そんな鯉でもカッコいいなと思いました。

-ちゃぶ台話

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.