釣行記

牟岐大島イサギ船ふかせ釣り4回目2018/5/6

更新日:

GWの最終日、チョー美味いイサギが釣りたくて
愛のない牟岐大島に
またしても行って参りました。

船長は昨日も出船したそうで、
イサギは船全体で9匹でメジロも1本上がったそうです。

今日の天気は下り坂、夜から雨の予報。
昼ごろから南の風が吹くと思われるので
やれるだけやってみようとのことです。

朝はまだ穏やかな日和佐港を出発。

そしていつもの

厳しい状況ですが、少しは実績のあるトビツ沖。
前回よりもイサギのタナは深いようです。

昨日はふかせは全然ダメだったという船長からのアドバイス。
天秤のズボ釣りで釣れたとのこと。
撒き餌さをしてみるとかなり速く流れています。

でも、やっぱりふかせで釣ってみたくて
アドバイスを無視して
ふかせで急流に挑んでみることにしました。
仕掛けは5Bのウキに水中ウキ-5B+ガン玉5B+3B
ハリス1.5号、針ちぬ2号で流してみます。

ウキ下竿2本にセットして
仕掛けが立つと、どんどん沈んでいきます。
撒き餌を追い打ちして同調をイメージしながら
軽く張りながら流します。

なんとか釣りになりそうな感じ。

しばらく手返しを繰り返しますが、刺し餌をとられません。

やっぱりダメっぽいなぁと思っていると

近くに沸きグレが現れました。

届く距離まで近ずいてきたので試しにキャストして
水面をゆっくり引いてくると
竿先に小さくアタリ、すかさずあわせると乗りました。

「おおっ!きたやん!」

けっこうな手ごたえあり。
船なんで余裕で捕れると思ってたらバレた!

「え~なんでえ!」
ハリス切れでした。

まだ、グレが釣れそうなんで、しばらくグレのなぶら打ちをします。

なぶらが近ずくのを待ってキャストします。

今度は師匠がヒットしました。

慎重にやり取り、よく引いています。

無事取り込み完了、いいサイズのグレでした。

 

僕も次のなぶらが近ずいてきて捕れました。

スレ掛かりでした。

続いて師匠にもヒットしますが、ハリス切れで残念。
ハリス切れの原因は
どうやらスレ掛かりでエラで切られるようです。

ふかせ引っ掛け釣り!?

警戒心が強まったようで
だんだんとグレが近くによらなくなってきました。

ここで、ズボ釣りをしていた船長に

いいサイズのイサギがきました。

 

船長のマネをして、僕もズボ釣りにチェンジ、
小さいめのイサギを2匹追加することができました。

そして、船長に青物らしき大きなアタリ!


しかし、途中で針外れで残念。

その後しばらく粘りますが、またもや
アタリは遠のいてしまいました。

師匠は沸きグレを待っていますが、なかなか近ずかないようです。

手返しを続けますが

だんだんと風が出始めました。

荒れてくる前にポイント移動することになりました。

 

 

次は日和佐側の沈船ポイントに来ました。

漁礁のために船が沈めてあるそうです。

水深約60mズボ釣りで鯛狙いです。

刺し餌を取られるタナを探っていきますが
なかなか取られません。

でも、鯛はいつ喰ってくるかもわからないと思って
頑張って手返しします。

ここのポイントにも風が吹き始めました。

しばらく頑張りますが、かなりきつくなってきたので
ここで早めの撤収となりました。

 

 

今日の反省

船長のアドバイスを聞いてズボ釣りで
イサギを狙えばもう少し釣れていたと
思います。
ふかせの撒き餌で魚を散らしてしまったかも
知れません。

 

なかなか海の状況は変わらないです。
今回も船長のおかげでイサギの顔を見ることができました。
また、行きたいと思います。

ありがとうございました。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.