釣行記

牟岐大島イサギ船ふかせ釣り3回目2018/4/29

更新日:

いよいよGWも始まりました。
前回から僕はひたすら天気予報を見ながら
頭のなかは釣りのことだけで生活しておりました。

今が旬のイサギ、めっちゃ油のってて
前回のイサギも旨かった~♪
けれど、今年は厳しいしっぶ~いイサギ、
はてさて、どうしたら釣れるのでしょう。

さて、
週間予報の通りいい天気に恵まれた日曜日。

天気は最高、風無し、波無し、アタリはさてさて。

期待いっぱいで大島のポイントへ出撃~!

前回と同じトビツ沖です。
GWで天気もいいので他の船も3船来ています。

大島の磯にも釣り人が上がっているようです。

 

船長が電話で情報を聞いています。
知り合いの船はイサギ5匹とのこと、前回より少し期待がもてそうです。

魚探にも反応があります。

船長がベストの場所に船を掛けてくれました。

撒き餌をしてみると
潮は上っているようで、前回ほど速くなくて
いい感じの流れのようです。

師匠はもう、釣りを始めています。はやっ!

ワクワクしながら、仕掛けを作ります。
やっぱり軽めで釣りたいなぁ
5Bのウキで水中ウキ-5Bでウキ下竿2本(約6ヒロ余り)から探ってみようかな
道具入れをごそごそしていたら

「よっしゃ!きたでえ~一投目やわ」っと師匠の声
早くも竿を曲げています。

慎重にやりとりして


上がってきたのはまずまずのイサギでした。

マジ~、焦るけど、今日は良さそうです。
ウキ下竿2本半ぐらいとのことで、僕も8ヒロ半にセットして
ガン玉も足してシブシブ(ウキがギリギリ浮かぶように)にしました。

撒き餌と同調するように、集中しながら流します。
今にもウキが沈みそうな雰囲気、喰いそうやなあ~

 

「よっしゃ、きた!」っと

今度は船長の声

いい感じの竿の曲がりで上がってきたのは
良く肥えたイサギです。

 

うわ~入れ食いちゃうん、焦るわ~
早く釣りたい~

なんだか気温も高くて暑くなってきました。

額に汗しながら集中していると、ようやく僕にもアタリでました。

まあまあ重い、

バレんなよ~

 

1匹目、良く肥えたイサギでした。

あ~良かった~

その後、師匠が1匹追加して、船長もアタリましたが
針が外れてしまったとのことで残念

さらに僕も1匹追加できました。

今日はツ抜けできるかも!

アゲアゲ気分で手返しをします。

 

しかし、このまま続くのかと思いきや、またもや後が続きません。

ここで別の船が下流にきて錨を入れてしまったので
少しポイントを移動することになりました。

ポイントが狭くてなかなかいい場所が見つからないようです。
ようやく、良さそうな場所に船を掛けて再開しました。

しかし、ポイントを移動する少しの間に潮が変わってしまって
今度は下り潮になってしまいました。
もう一度、錨を少し潮上に入れ直しました。

しばらく粘りますが、誰もアタリでません。

さらに潮も速くなってきました。
でも、いい感じの流れで釣れそうな気がするのですが、
全然、誰も釣れません。

朝、釣れた時の期待とは裏腹に、
全然釣れない状況に変わってしまいました。

船長が電話で情報を聞きますが、他の船もダメのようで
移動することになりました。


櫂投島(かいなげじま)のポイントを偵察するも
魚探の映りも悪くてあまり良くないようです。

 

残り時間も少なくなってきました。
最後のドラマに期待して
日和佐側のわたりの瀬というポイントに移動することに
なりました。

今度はズボ釣りで鯛を狙ってみます。

水深約40mぐらい、底付近から中層まで上げたり下げたりして
探りますが、刺し餌が取られません。

しばらく粘りますが、誰もアタリが出ず沈黙が続きます。

なんだか疲れも出てきました。

とその時、僕の竿にアタリが出ました。

 

上がってきたのはメイチダイという魚でした。

初めて見る魚でした。

しかし、ここで時間終了となってしまいした。

今日もさみしい釣果となってしまいましたが
厳しい中、船長のポイント選定のおかげで
なんとかイサギの顔をみることができました。

来週も行くとのことですので、
がんばるぞい!

ありがとうございました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.