釣行記

牟岐大島イサギ船ふかせ釣り2018/4/8

更新日:

当サイト記念すべき第1回目の投稿〜!!
パチ、パチ、パチ~!!

今年の桜は早くて、もう、ほとんどが散ってしまいました。
ぼちぼち、イサギ釣りたいなあ〜と考えていたところ、
グッドタイミングで釣り仲間からのお誘いがあり、
イサギ釣りに牟岐の大島に行って来ました。

徳島の牟岐大島といえば磯釣りのメッカ、多くの名人を出した島です。

 

今回は僕の好きな、イサギのふかせ釣りです。
しかし、状況は相当悪いようで
先週は撃沈だったようです。
でも、そんなことは行ってみないとわかりません。

イサギのふかせ釣りなのですが、
今回は磯からではなくて、船から狙う釣りです。

そのまま磯釣りの道具でもいいけど、
船なので、竿は4.5mの磯竿の1号にしました。
道糸2号、ハリス1.5号、針はチヌ2号でやってみようかな。
前はこれでけっこう釣れた。
ウキは釣り場で考えることにして、

さらに、深場で鯛、大アジを狙うとのことで、
船用の天秤かご仕掛けの道具も用意しました。

 

さて、
昨日の強風はすっかりおさまって、
今日はめっちゃなごい釣り日和〜!(^o^)
船長+船員4人=5人で
日和佐から大島に向けて出発〜!

 

約30分ぐらいで大島到着、 トビツ磯の沖です。
まったく、他の釣り船がいない、やっぱり釣れてないのかな~

水深約30m前後で底は起伏の荒い岩礁、
魚探に魚の反応も悪いようですが、
とりあえず投錨して釣り開始です。
後から別の船もやって来ました。

潮は、ゆっくり上っているようで、(南から北方向に流れる潮)
とりあえず、5Bのウキに-5Bの水中ウキをセットして
ウキ下竿1本半からやってみることにしました。
撒き餌を最初は多めに撒いて何投かしてみましたが
刺し餌が残ってきます。
今度はガン玉を足して仕掛けが立ったらゆっくり沈むように
調整して狙ってみましたが、あたりなし。

誰もあたりなくて、やっぱり食いは悪いみたいやな~
っと思っていると
「きたで~」
っと船長が一番ヒット、上がってきたのはまずまずのイサギ。
続けて同船の人にも、同じぐらいのイサギがきました。
さらに、船長がもう1匹良型を追加。

イサギおるおる~
けど、焦るなあ~

撒き餌が効いてきたようで、釣れそうな気配、
ウキ下は竿2本ぐらいで釣れたというので、
同じウキ下合わせて、集中して釣ってみる。
しかし、後が続かず
残り3人僕も含めてあたりなし。
手返しを繰り返すも
全員あたりなしになってしまいました。
そのうち潮もゆるんで、2枚潮ような
変な潮に変わってしまったようです。

あまりにも釣れないので、試しに
ミニかご仕掛けに変えて、ウキ下をかごまで10ヒロにセットして
流してみると、これがうまくいった。
結局、かご釣りになったけど、なんとか3匹ゲットできました。

 

その後、粘るも再びあたりがないので深場のポイントに移動して
鯛、アジ狙いになりました。

水深約75m前後のポイント
天秤かご仕掛けで底付近を狙ってみました。
そうそうに同船の人がイサギをつりましたが、
その後あたりがなく刺し餌がとられません。
手返しを続けていると、
魚探にベイトの群れが映りはじめました。
そして、青物っぽい反応もではじめました。
船長と師匠がサビキ飲ませの仕掛けにチェンジして
すぐさま大物がダブルヒット!

これは鰤かも~期待が高まります!

が、

しかし、正体は座布団ぐらいのエイでした。
やっとのことで取り込みして
釣り再開すると、今度は僕の天秤仕掛けに
エイが来てしまった。
さすがにエイの3連発には参ったので
ここは、見切りをして再びポイント移動。

次のポイントもほとんど刺し餌をとられなくて
しばらく沈黙の釣りが続きました。

結局、何のあたりもなく時間終了となりました。

今回、釣果はちょっと物足りなかったですが、
他の船の情報もダメみたいで、潮が悪かったということにしてください。
僕的には久しぶりの釣りでイサギの顔を見ることが
できて良かったです。

親切で粋な船長との出会いもあって、
いい天気に恵まれて、いい思い出になりました。
ありがとうございました。

次回もがんばりま~す!

PS
ミニかご仕掛けです。かごだけで約2号おもりぐらいの重さです。
ウキは重りのついていない浮力2号ぐらいです。
磯釣りで時々使っていました。
グレも喰ってきます。
けっこうハマった時がありました。

-釣行記

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.