自己紹介

はじめまして!
ひでぽんです。

スペック

・職業  会社員
・好きな釣り種類 堤防釣り、磯釣り、鯛ラバ、ジギング
・好きな食べ物 お好み焼き、ラーメン
・好きな事 釣り、家族で遊ぶこと、映画、音楽、読書
・嫌いな事 渋滞、雨の月曜の朝、
・家族  妻、子供二人
・1968生  徳島在住
・資格  小型船舶2級、アマチュア無線技師、大型2種自動車、牽引

 

僕は名人でもテスターでもありません。
ただの一釣り人です。

初めて釣りをしたのは
小学生の頃の夏休みの早朝
父親と豆アジ釣りに行きました。
父親と近くの釣り人との楽しそうな会話、
釣り場の明るい雰囲気、今でも思い出に
残っています。

社会人になって会社の同僚に磯釣りに誘われてから本格的にハマりました。
初めての磯釣りは、愛媛県の深浦という場所に行きました。
深浦は愛媛県でも一番南に位置していて、すぐ隣は高知県です。
その頃は、まだ、四国は高速道路が一部しか開通してなくて、徳島からほとんど国道を走って深浦まで行きました。
片道8時間以上かかりましたが、3人で運転を交代しながらで道中釣りの話しをして、遠征気分で楽しかったです。
そして、生まれて初めて上がった磯、城辺バエ。
3人で上がって、2人の人は上手にたくさん釣っていました。
僕はぜんぜん釣れなかったのです。
ても、やっと釣れた1匹のグレ、強い引き、そんなに大きくなかったのですが、コバルトブルーの混じった魚体にかわいい目、めっちゃ嬉しくて感動したんです。

それからはよく磯、堤防に釣りに行っていました。
特に堤防は安く釣りができるので、近場から室戸の堤防に行きました。
近場ではチヌ、アジ、タチウオなど、室戸では主にグレ狙いです。
室戸の堤防ではかご釣りでグレから青物まで狙うことができて、中には姿を見ないままラインをぶち切っていく大物もいました。
チヌの夜釣りにハマったこともありました。
ゆっくりと沈んいく電球ウキのアタリを合わせるとずっしりとした手応えの引きにどぎまぎしてやり取りしていました。
たまに来る大物に切られたりして、ますます夢中になっていました。
そんな夢中になった釣りも、結婚してからは少し遠のいていました。

鯛ラバとの出会いは5年ほど前になります。
鯛ラバで初めて鯛が釣れた時の感動は、あの初めてグレを釣った時の感動と同じでした。
そして、再び釣りの情熱が復活しました。
ルアーの釣りはまだ浅いですが、これからチャレンジして
実践しながら記事を発信したいと思っています。

僕は現実、釣りに行ける時間は少ないです。
そして貧乏アングラーですので、安くできる釣りを日々模索しています。

あなたのお役に立てるブログを目指してまいりますので
よろしくお願いいたします。

更新日:

Copyright© 青い空と釣りが好き! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.